Parent/Teacher Conference

昨日、息子の通うプレスクールは休みだった。
学校を休みにして「Parent/Teacher Conference」というものが行われた。
日本でいうところの個人面談である。
面談のために学校を休みにしてしまうところもすごいが
面談の内容もびっくりである。なんと成績表があったのだ。
Experience needed(経験を要する)からProficient(熟達している)
の間に線が引いてあり、その子が到達しているレベルのところにチェックがついている。
評価は社会性、感情、言葉、作業、運動、読書、書き方、算数、芸術の項目に別れ
それぞれが細かい内訳に分かれ、全部で50くらい項目がある。
これが小学校以降なら私も驚かないのだが、息子はまだ3歳。
3歳でこれはないだろう、というのが正直な感想。

少人数制で目が行き届くだろうと思いこの学校に決めたが
今後うまくやっていけるか不安になってきた。
息子のプレスクールはモンテッソーリ系の学校で躾には厳しい。
こういう学校はアメリカ、日本を問わず人気が高いのかもしれないが
私の「好み」とはちょっと違うんだよな・・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック