夫の買い物

うちでは家計を夫が管理している。
私がイマイチ信用できないらしい(笑)
過去に自己破産しているとか、カードの支払いが遅れたことがあるとか
そんな不名誉は一度もないのだけれど。
でも本当の理由は口座の残高を眺めるのが好きだからということを
私は知っている。
投資や株関係の話も結構好きなようで、隙あらば!?
こんな話があるけど、どうかな?と相談してくる。
実際は運用するほどの資産がないのですぐに話は流れるのだけど
忘れた頃にまた新しい話を持ってきてエンドレスである。

夫が家計を管理する事に関して異存はない。むしろとてもラクである。
私は月々決められた額内で食費と雑費のやりくりをすればいいだけで
公共料金などの支払いや貯金の管理、円とドルの交換など
面倒なこともすべて夫がやってくれるので非常に助かる。

普段の買い物はほぼ100%私がしているため
夫自身がお金を使うのは趣味関連のものを買うときか
一緒に買い物にでかけて私の代わりに支払いをするときくらいであるが
問題はその趣味関連のものの金額である。
普段酒もたばこもやらないので自分の趣味にお金を使うことに異存はない。
でもここ数ヶ月の出費はイタイぞ。
MACmini 499ドル、MAC純正キーボード、マウス 62ドル、
中古のMAC17インチディスプレイ 400ドル、
ゼロハリバートン(男のロマンらしい)のアタッシュケース 350ドルなどなど
軽ーく1000ドルを超える。

そもそもうちにはお小遣いというものが存在しない。
日本にいた頃は共働きだったせいもあり
夫が2万、私が1万という感じで小遣いがあった。
今は「常識の範囲内」で使うことになっており、事前に相談することが大前提になっている。
夫がこれが欲しいと言えば、私は「お金があるならいいんじゃない?」ということになる。
今月お金がいくら残っているのかよく判らないからそういうしかない。
夫はそう言われれば「大丈夫、お金はあるよ」と必ず言う。で、もちろん購入。

ちなみに私の最近の買い物は
OLD NAVYのフリースパーカー 19ドル(久しぶりに高い服!?を買ったと興奮した)
あとは・・・・・何かあったっけ?子どもとマクドナルドに2人で行ったときに
8ドルくらい使ったな。
なんだかちょこっと不公平ではないかい?

やはり自分で稼げないのは哀しいものである。
19ドルの服で満足するなんて、私も安い女になったものだ。
やっぱりお小遣い制に戻すべきかな?
でもそうなると稼ぎのない私は小遣いもらえるのかな?
いやいや家事労働を安く見てはいけないな。
家政婦さんを雇ったらすごく高いもんね。きちんともらおう。
でもとくに買いたい物もないんだよね。やっぱ安い女だわ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック