泣いているクラスメイト

ESLは平日の朝8:45~12:00の間、授業が行われる。
10:30~11:00の間はコーヒーブレイクといって休憩時間になってて、
クラスメイトたちと話をしたり、紅茶やコーヒーを飲んだり、
ちょっとしたスナックを食べたりしてなかなか楽しい。

でも今日のコーヒーブレークはいつもと違った。
私がトイレに行こうと教室の外に出ると、
メキシコ人のクラスメイトであるAさんが泣いている。
「どうしたの?」と聞いてみたが、私の耳の悪さと、
泣きながら話しているので声がはっきりしていないのとで良く状況が判らなかった。
とりあえず、一緒にトイレに向かい、
後から来た日本人のKさんと一緒に彼女の話を聞く。
泣いていた理由は、授業中に担任の先生から
「あなたの香水がキツイので、あちらの席(風下)に移って。」と言われたかららしい。
私は、Aさんが席を途中で移ったことは気付いていたが
空いている場所に行ったのね、位にしか思っていなかった。
彼女は「もう私はあのクラスには居られない、別のクラスに移りたい。」と言って
泣きながら早退していった。

Aさんはとっても感受性が豊かで、哀しいこと、嬉しいことがあると良く涙を流す。
新しく来たクラスメイトにも進んで声をかけてくれるし、面倒見がとっても良い。
クリスマスには、彼女はクラスメイト全員にギフトを用意していた。
それにとってもおしゃれで、アクセサリーから洋服、ネイルすべてを
いつもコーディネイトしてくる。
きっと今回の香水も彼女なりに、選んでつけてきたのであろう。
そんな彼女だから、今回のことも非常に重くとらえてしまい
先生が自分を排除しようとしている位に、重く受け取ってしまったみたいだ。

コーヒーブレイクが終わって、授業が始まったが
Aさんのことでみんななんとなくもやっとした感情を抱いていたので
クラスの雰囲気もちょっと重々しく、ぎこちない感じがしていた。
先生もその雰囲気を察したのか、
「Aさんのことは、私も判っているわ。彼女はとてもセンシティブな人。
でも、学校やレストランなど人が集まる場で強い香水の匂いやたばこの匂いはタブー。
周りの人に迷惑をかける行為だわ。」ときっぱり言い切った。

たしかに先生の言うとおり。
わたしも100%同意する。
今回はAさんに非があると思う。
Aさんはもう少し、考慮すべきだった。

でもね、彼女が悪いとわかっていても、
先生の言い方はどうにかならなかったのかとか
授業中に言わなくてもとか思ってしまう。
きっとそう思っていた人たくさんいるんじゃないかな。
みんな彼女の人柄の良さを知っているだけにね。

しばらくAさん、学校に来ないかもしれない。
でも彼女の性格からすると、なに事もなかったかのように
明日学校に来る可能性もある。

私としては後者であって欲しい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック