ぐらぐら

「歯が動くんだけど-」と息子が言う。
口をあけさせて見てみると、
たしかに下の前歯2本がぐらぐらしている。

「いつから?」
「えっとね、まえからずっと。」
「痛い?」
「ぜんぜん。でもなんか気持ち悪い。」

とっさに、乳歯から永久歯への生えかわりかと思ったが
息子はまだ5歳と2ヶ月。
生え替わりって、たぶん小学校の低学年くらいじゃなかたっけ。
ネットで早速調べると、やはり6~7歳くらいでと書いてある。

息子はなんでもかじる癖があって、
いまだにおもちゃや堅いものをかじっている時がある。
空けにくいお菓子の袋も歯で引きちぎってあける。
はずしにくいトランスフォーマーの部品や
LEGOのパーツを歯で噛んでなんとかしようとする。
(もちろん、見つかるたびに怒られている)
だからきっと、何か変なものを無理矢理歯であけようとして
歯がぐらぐらするようになってしまったのかもしれないと思った。

たまたま、私が気付いた翌日が
息子の半年に一度の歯のチェックアップの日だったので
見てもらうことにした。
しかし、先生に見てもらう前に撮った歯のレントゲン写真をみて
簡単に理由がわかってしまった。
間違いない、生え替わりだ・・・・
大きな下の前歯2本がくっきりはっきり写っていた。
今生えている乳歯の2倍近くの大きさだ。
先生もチェックをはじめるとすぐに、そのことを指摘した。

えらく早くないかい??
先生に疑問をぶつけると、「いえいえ、早い子はこの位からですよ。」とのこと。

そういえば、息子は乳歯が生えるのも早かった。
たしか、3ヶ月になったときには生えてたな。
歯茎についているミルクかすを取ろうとしたら、
なかなかとれなくて、よく見たら歯が生えてきててびっくりしたんだよなー。

生えてくるのが遅くて心配するよりはいいのかもしれないが、
虫歯の恐怖にさらされる期間が長くなるのは嫌だな。
でもって、早く入れ歯になっちゃったらかわいそうだな。(考えすぎ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック