所変われば・・・

1週間ぶりにESLに行ったら、テストが待ちかまえていた。
それも、すっごく難しいヤツ。

自分の英語力はそんなにアップしていないけど、
通っている期間は確実に長くなっているため
否応なしに難しいレベルのテストを受けなくてはならない。
(よほど出来が悪いのでないかぎり、次のレベルに進む仕組みらしい)

普通の学校のテストと違って、ESLのテストは突然実施される。
そして試験結果で成績がつくわけでもなく、
問題用紙もリサイクル!?のために回収されるし、当然ながら答え合わせもない。
クラスによっては、試験結果をもらうことすらないらしい。

試験を受けた人数によって、政府から助成金がもらえるらしいので
先生達は一人でも多くうけさせようと必死だ。
だから、私みたいに休んでその日に受けられなくても
後日受けさせられる羽目になる。
周りは普通の授業をしている中、一人で問題を解くのは
気も散るし、結構苦痛だ。

なんとか試験を終わらせ、授業に戻って話を聞いていると
明日は遠足だということが判った。
遠足といっても、サンマテオのアダルトスクールに行くらしい。
そこで健康フェア?なるものが開催されるので見学に行くとのこと。

そういえば、去年も似たような事があった。
で、本日いつものスクールバスに乗って健康フェアに行って来た。
母乳育児推進協議会みたいなものや、性感染症撲滅教会みたいなのや、
禁煙推進協会みたいないくつかの非営利団体がブースをだしていて、
パンフレットやちょっとした関連グッズを配っていた。
マッサージコーナーや血圧測定コーナーもあり、
そんなに広くない会場だったが結構にぎわっていた。
中でも目をひいたというか、ぎょっとしたのは
性感染症についてのコーナーに展示してあったたくさんのコンドーム。
人が集まってるなあと思ったら、コンドームを配っていた。
メキシカンの男性が一人で何個も取ろうとして注意されていた(^^;)

簡単な報告書用の資料集めもすぐに終わり、早々に会場を出た。
しかしすることがないので、会場のある建物内を探索する。
大きな吹き抜けがあって、むき出しの鉄骨が赤色にペイントされ、
部屋は大きなガラスの窓で区切られていて、とても開放的だ。
フォスターシティの教会とは雲泥の差。
ただし、ESLの教室自体はそことは違っていて、外にある古い普通の建物だった。

展示場に行く前、サンマテオアダルトスクールの、
私達と同じレベルのESLクラスの人達と一緒に説明を受けたのだが、
話をききながら、携帯片手にメールを打ち、
少し時間があると化粧直しをしている若い生徒が何人かいた。
日本の学生と変わらないといえばそうなんだけど
フォスターシティのクラスではそういう人を見たことがなかったので
結構びっくりしたな。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック