初呼び出し

ESLの帰り、WHOLE FOODSに寄った。
牛乳やフルーツをカゴに入れ、昼食用のアボガドロールを選んでいると、
携帯が鳴っているのに気付いた。
ディスプレイの表示を見ると、息子が毎日行っている
ANEX(日本でいうところの学童保育)からの電話だった。
私は英語の電話がむっちゃ苦手(もちろん、会話もだけど)。
だから、普段は明らかに日本人からという電話以外
留守電のお世話になっている。留守電の場合、何度も聞き直せるので
重要な内容の場合、このほうが絶対確実なのだ。

しかし、ANEXはそうもいかないのでしぶしぶ電話に出た。
「こんにちは、ANEXのTです。(途中何か言っていたが聞き取れず)
息子さんがとても悲しんで(SAD)います。」
「SAD?BADではなくて??」(私のヒアリング能力の低さは折り紙つきなので確認)
「ええ、ずっと泣いているのです。どうされますか?」
「わかりました、すぐにそちらに向かいます(T_T)」

日本でもずっと保育園に預けていたが、
調子が悪くて早退させたことはあっても、
悲しくて泣いているので迎えに行ったことは無かった。

急いで、レジを済ませ学校に向かう。
ANEXの建物の中に入ると、部屋の隅っこのテーブルで
泣きながらランチを食べている息子を発見。
私の顔を見ると、ひどく泣き始めた。
顔を見ると、泣きすぎて目のまわりに内出血の点々がいくつもあった。
すごく力一杯泣いたときにできるものだ。

結局、そのまま早退させたのだが、泣いていた理由がなんとも・・・(^_^;)

キンダーでは毎週月曜日に宿題がまとめて出るのだが、
帰りに、その宿題が自分の棚に入っていなく、
一生懸命探したが見つからず泣いていたらしい。
自分以外の子は宿題の入ったファイルを持って帰っているのに
自分のだけがない、探しても見つからない、このままじゃ
お母さんに怒られる(お父さんではないところがポイント・・)
宿題もできない、ということで泣いてしまったらしい。

私はそんなに怖いのか・・・(-_-)

その宿題は無事手元にある。
当然だ、私が月曜日の朝、持って帰ったのだから。
毎週、そうしてるし、息子にも言い聞かせてあったはずなのに、
どうして今頃泣くかな。

そして、この日の夜、1年ぶりくらいに息子はおねしょをした。
繊細なお子様だ。

でも実は、もう一つ理由があった。
クラスメイトのAくんのお父さんが事故で急死されたとの連絡があり
息子はひどく気にしていた。
私もこのお父さんには、先週お会いしたばかり。
Aくんは、今日はもう登校していてびっくりした。
朝、お母さんは気丈に振る舞っていらしたが
お悔やみカードを貰ったり、言葉をかけてもらううちに、
やはり、泣き出されてしまった。
ただただ、ご冥福をお祈りするばかりでかける言葉すら思いつかなかった。
なんだか、最近気が滅入ることが多いな。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yogini
2006年10月05日 13:51
これって今日の話ですか?昨日?
子供って本当に繊細なんだなってつくづく感じました。子供は心のケアが大事ってよく言われてるのが、わかる気がしました。
それにしても、お母さんはそんなに怖いのですか?
Miki
2006年10月05日 20:51
こんばんわ。
とっても純粋な息子さんですね。
ご本人にとってはすごく重大なんだけど、
こういうお話なんだかほっとします^^
それだけ毎日が一生懸命なんですよ!

どこの家でも母は怖しですよね~。
パパはもっと重大なことでのしかり役で
普段はとってもやさしいのでは??

でもまたお近くで不幸があったのですね。
まだお若いのでしょう。心が痛みます・・・
チキン南蛮
2006年10月06日 14:31
>yoginiさんへ

月曜日の話なんですよ。
ブログでは日本時間で表示されるので
混乱しちゃいますよね~。
お母さん(私)が怖いかどうか・・・
判断が難しいところですが、
父親より怖い存在であることだけは
確かなようです(^_^;)

>MIKIさんへ

実は、また身近な人に不幸がありました。
友人のお母様が亡くなられたそうです。
不幸が少しずつより近い人のもとに訪れているのが
気になっています。

この記事へのトラックバック