憤り

<産経新聞 6月9日(月)12時50分配信分より抜粋>

神奈川県厚木市のアパート一室でRちゃん=当時(5)=が
白骨遺体で見つかった事件で、
父親でトラック運転手の容疑者(36)=保護責任者遺棄致死容疑で逮捕=が、
「亡くなる2カ月くらい前は仕事が非常に忙しくて週1、2日しか帰らず、
(Rちゃんは)がりがりになってしまった。
この状態が続くと死なせてしまうかもと思った」と供述していることが
9日、県警への取材で分かった。

捜査関係者によると、
容疑者は「痩せた経緯が分かってしまうのが怖くて、
病院に連れて行くことができなかった」とも供述。
生前最後の姿を見たのはRちゃんの死亡に気付く約1週間前で、
「立ち上がることもできず、か細い声で『パパ、パパ』と呼んでいた。
その場にいるのが怖くなり、
1時間も一緒にいられずに家を出た」という。

Rちゃんは平成19年ごろに死亡したとみられている。



Rちゃんのことを思ってしばらく涙した。

親でなくたって、
5歳の子どもが瀕死でいるのを無視することなんかできない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた