晴れて大学生の親に!?

受験終わりましたよー。もちろん息子の。

1月半ばのセンター試験からはじまって、私立大の受験、国立大学の受験と
お金と精神的重圧とに立ち向かい続けました。
自分の受験と比べて数十倍大変だった気がする、いや絶対大変だった!

私立の受験ってものすごい種類と回数あるから
一日置きは当たり前、連チャンは普通で
あまりの過密さに、一校は受験をスキップする始末。

それだけ受けて、合格した私立は2校のみ、うーーーーーーん厳しい。
そのうちの相応校であるほうに入学金を納め
国立大学にチャレンジ。

センター試験の結果も芳しくなかったため
前期は例年の様子だと五分五分の感じ、
後期は相当レベルを落としていけるだとうというところを受験。

結果、前期はご縁がなく
(近年のAIブームで異常な倍率増加、難易度UPしたことが後に判明→読みが甘かった・・)
一番避けたかった高校の卒業式で進学先が決まっていない生徒の一人になってしまった!!

実は後期に受験した大学は私の母校の工学部。
いわゆる駅弁大学(実は今回の受験で初めて知った)といわれる大学だけど、
理系の場合、MARCHや日東駒専といわれるような文系進学鉄板の大学が少ないので
地方の国立大学に進学する学生が多い、らしい。
→文系だった私は全く知らなかった→アホ親の見本

しかしながらこちらもご縁がありませんでした・・・
倍率27倍超え??普通多くても10倍位では?
地元の新聞で発表になっていたあまりの高倍率に
心配した私の父から電話があったくらいです。
私が受験のときは一切声をかけなかったくせにです。
昨年の合格者センター得点率より100点近く高かったのに、なんということでしょう。

結局、入学金を振り込んでいた都内の私立大学に
一時間半かけて通学している息子です。
正直なところ、私この大学知りませんでした。
といっても夫が卒業した理系の世界では名が通っている(らしい)大学すら知らなかったので
地方出身の文系おばはんにとって当然といっちゃ当然なのですが。

とはいえ、息子の大学は受験者が相当増え、先日予備校等が発表した
受験総括によると難易度レベルがワンランクあがっていました。
滑り止めという考えでは間違いだったようです(^-^;
がんばったんだね、息子よ。

最後に私がちょっと納得がいかないことを一つ。
今回合格通知をいただいた2大学、
息子はセンター利用5科目型で受験しました。
ざっくり説明すると、センター「併用」だとセンターの得点+大学独自試験の得点で合否判定
センター「利用」だと、センター試験の結果のみで合否判定
ピンときましたか?
そうなんです、息子は私立国立ともに大学に行って受験→「全落ち」
大学で受験せずに書類のみ提出→「合格」  なんですわー

なんだかね、受験料は仕方ないけど、時間もったいなくないかい??
経験といえば聞こえは良いけど、コスパ最高に悪い受験でした。

息子よ、大学生活堪能してください。
毎日着ていく服を早く選べるようになってください。
死ぬほど残念なコーディネートはダメです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0