ロックアウト

ついにやってしまった、ロックアウト。
それも週に一回しか行かないロスアルトスにある教会の駐車場で。

大荷物&雨&息子のぐずりに気を取られてしまい、
全てが収まっているMY BAGをセンタートレイにのっけたまま
ロックしてしまったのだ。

やってしまったあと、例のツルツルになっている脳をフル回転させたが
答えはでなかった。
携帯も、財布も、電話番号のメモも、トリプルA(日本のJAFみたいな会社)のカードも
使えそうな物はすべて車の中。
覚えているのは自宅の番号のみ。夫は当然仕事場なので自宅にはいない。

仕方なく誰かに頼ろうと教会の中に入る。
幸い今日は、日本語学校の集まりでここに来たので
頼れそうな人はたくさんいる。
グループをまとめているMさんに相談すると(いや、実際は「すがりつく」状態)
トリプルAのカードもってる人いない~?
携帯貸してくれる人いない~?
と探してくれて、トリプルAへの電話もパッパとしてくれた。
受付の女性との英語のやりとりも、それはそれは素晴らしい。
さすが国際結婚されてるだけあって
流暢、なんていうのが失礼なくらい本物の英語だった。
途中、自分の住所や名前を伝えるために電話を代わったが
あまりの下手さに、当然ながら悪戦苦闘。
一番の難関は、今いる場所はどこか?という質問だった。
週に1回しかこないので道の名前もよく分らないし、教会の名前も実は覚えていない。
Mさんに助けて貰いながらなんとか電話を終え、
30分以内にサービスの人が来てくれることになった。

実際10分位でサービスマンの男性が到着し
ちょっと手間取ったみたいだが鍵を解除してもらえた。
すんごく心を込めて「Thank You!」を言った。
もちろん、迷惑をかけた同じグループ内の人々にもね!

以後、いっそうの努力をするよう致します・・・・

"ロックアウト" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント